コラム

【目からウロコ】海外では当たり前!?マイストローブームの予感♪

先日TVでこんな特集をみました~

2019年7月から、公私立学校、百貨店及びショッピングセンター、チェーンのファストフード店で、プラスティック製のストローの提供が禁止になったんですって!!

理由はプラスティックからの環境保護!

確かに日本でも、ビニール袋の提供を差し控えるスーパーも増えてきているし、カフェやレストランなどでも紙製ストローが徐々に普及してくるって話も聞きますので、脱プラスティックは全世界的な動きの様ですね~

脱プラスティックは、地球環境保護の観点から見ても賛成ですし、このニュースを見て私も思うところがあったので、記事にしてみました♪

その中でも今日はストローについて考えてみたいとおもうので、是非是非読んでみてくださいね!

ストローの起源って?

ストローの語源は「麦わら」のstrawからきているそうです。 麦わら帽子をストローハットっていうそうですよね! 麦わらで飲み物が吸えるんですね~、全然知らなかった、、、汗

でも今流行りのタピオカドリンクは飲めそうにないですね(笑)

日本でも1950年代位までは、麦わらで飲むスタイルだったそうですが、その後プラスティック製のストローが量産されるようになり、非常に便利なため現在の様に普及した…という事だそうです。

プラスティックは何故地球環境を破壊する?

実は世界中の「海洋ごみ」の大半が、使い捨てのプラスティック製品なんだそうです。 プラスティックは分子構造が非常に強固なので、一説には数百年以上分解されることは無いと言われています。 現在の微生物でも分解は出来ないと言われているので、勝手に自然に帰るには膨大な時間がかかる為、どんどんたまっていってしまうんですね、、、

もちろん、ガラス製品の様にもっと分解しないものもありますが、ガラスは重量もあり製造コストも高いので、プラスティック製品の様に「使い捨て用品」として大量にゴミとして出回ることは無いことと、そういった意味では分別から再利用もされやすい点が違うのです。

海に溜まっていったプラスティックゴミはどうなる??

海洋に散乱したプラスティックゴミは、簡単には分解されませんが、細かくバラバラにはなっていくそうです。 そうすると何が起きるか…

海洋生物…例えば魚などの口から体内に入ります。 分解されないわけですから、蓄積してしまうんですね。 結果、その海洋生物を食べる私たちのカラダの中へと入ってきてしまう可能性が出てくるのです。 これはもう汚染の一種といっても過言ではありません。 私たちが、私たちの子供たちや未来の人たちのために、今考えなくてはならない事であるのは間違いないと思いませんか?

…説教臭くなってしまいスミマセン、、、汗 私もそうです、今まで知りもしなかった事が恥ずかしい。。。 出来ることから、今日からでも、何かを始めたいと思います!

今日から始めます!マイストロー♪

そんな感じで紹介されている内容の中に、マイストローというモノがありました♪ チタンやステンレスで出来た洗って何度も使うストローです。

バラエティーショップやWEB通販でも手軽に買える金属製のストローで、まあ、Myお箸みたいなものでしょうかね~

海外では当たり前の様に普及しているものだそうで、色々な色やデザインがあってカワイイし、ストローの中を洗うための器具も売っているので、すごく良いと思ってしまいました♪

ちなみに…

冷たい飲み物に差し込むと、ストローの金属自体が冷えるので、冷たさを感じながら飲めるので、よりおいしく感じる…という声も多いそうです。

冷蔵庫や冷凍庫で冷やしておけば、夏の暑い日なんかでも、おいしくアイスココアやアイスチョコレートドリンクが飲めますよね♪ …というより、一度試してみてください! 冷たく冷やしたマイストローで飲むアイスココア、再考においしいです♪

カカオ・チョコレート好きの私としては、ココがすごくうれしいかもです!

まとめ

地球環境だけでなく、考えたり行動したりすべきことは沢山あると思います!

私も偉そうなことは言えませんが、自分の子供たちの時代の地球が、過ごしやすい環境であることは切なる願いでもあるので、気づいたことから1つづつ行動しようと、今回はそう思いました!

  • この記事を書いた人
あきねー

あきねー

-コラム
-, , , , , , , ,

Copyright© Cacao×Beauty , 2021 All Rights Reserved.