ライフスタイル

朝のチョコレートは『太る』or『痩せる』!?【必見】朝チョコの真実!

『朝チョコ』って聞いた事ありますか?

朝食に手作りのスムージーを飲む…
栄養バランスの整ったリシアルを食べる…
フレッシュフルーツやヨーグルトを食べる…

朝食に気を使っている方がよく実践しているこれらの朝食メニュー同様に

朝にチョコレートを食べる…

コレが『朝チョコ』♪


チョコレートだけ…というよりも、バランスの良い朝食メニューに少量のチョコレートを加える…という方法が理想的なんです!


今回はそんな『朝チョコ』についてご説明させていただきます。

チョコレートって本当に朝食べるのがおススメなの?

チョコレートは、まさに『朝』にこそ食べるのがおススメと言える様々な栄養素が含まれています。

カカオポリフェノール
カフェイン
テオブロミン
食物繊維
ビタミンE
ナイアシン
カルシウム
マグネシウム
亜鉛
ぶどう糖
良質な脂質
リラックス成分

などなど

まるでマルチサプリメントの様に栄養の宝庫なんですね!

チョコレートの主原料であるカカオ豆はもともと薬ですしね~

ただし!

そのカカオ豆をおいしく甘く食べやすく加工した状態…

つまりチョコレートを一度に大量に食べることはダメですよね、、、

あくまでも少量!

毎朝少しのチョコレートを食べることは、健康や美容にとって非常に有益なことと言えるのは疑いようがありません。

しかも特に! コレがおススメなんですよね~

では『朝』だからこそ『チョコレート』の秘密をお話しますね!

朝チョコの驚くべき効果とは!?

脳を目覚めさせる!?

チョコレートには脳の栄養になるぶどう糖を沢山含んでいます。 また脳を覚醒させると言われるカフェイン大脳を刺激し集中力や思考力を高めるテオブロミンも含んでいます。 朝から気力が湧いてくる…、まさに目覚めの朝チョコというワケなんです!

ヤル気が出る!?

チョコレートには様々な幸福物質が含まれていると言われます。

恋愛ホルモンと呼ばれる『PEA』
幸福物質『アナンダミド』
幸せホルモン『セロトニン』

気持ちの面にも優れた効果があるんですね~

えっ、ダイエットにも!?

『朝からチョコレートなんて太るから~っ!』

…て、実はそんなコトもないのです!

意外かもしれませんが、朝の適量のぶどう糖は身体の新陳代謝を高めると言われています。 カロリーを燃やす力のコトですね! また、ビタミン類やミネラル類も豊富に含んでいるので代謝効率を考えてもバランスの良い食品と言えますね~

美肌やお通じにも!?

チョコレートには意外なほど多くの食物繊維が含まれています。 腸内環境を整える栄養も一緒に摂れてしまうなんて『朝チョコ』恐るべし…ですね(笑)

朝チョコの適量とは

チョコレートには脂質や糖質がたっぷりなので、一度に沢山食べるのはNG。

毎朝食べるとすると…

朝チョコ一回5~10g程度(一口サイズのチョコレートで2~3片位)でしょうかね~。 脂質や糖質の過剰摂取にならずに、優れた栄養素を沢山摂取することが出来ます!

まとめ

ちなみに…

これから1日、たくさんのエネルギーを必要とする朝だからこそ、脂質や糖質を含んでいるチョコレートは最適なんですね! そういった意味では、万一多少食べすぎたとしても…

少し多めに歩く
食事量をちょっとだけ調整する
軽く運動をする

こんな感じで取り返すことも簡単に出来ますね♪(笑)

皆さんも是非『朝チョコ』試してみてくださいね~

  • この記事を書いた人
カカオはかせ

カカオはかせ

-ライフスタイル
-, , , , ,

Copyright© Cacao×Beauty , 2021 All Rights Reserved.