チョコレートのある生活

チョコレートは腐るのか?賞味期限を過ぎても食べれるの?

みなさんはチョコレートを食べる時、賞味期限の確認…してますか?

意外と見ないコト多かったりしますよね~

私の場合すぐに食べきってしまうので確認する機会が殆どありません、、、(笑)

チョコレートって賞味期限どれくらいなのでしょうか?
そもそも腐ったりするのでしょうか??

今回はそんな”チョコレートの賞味期限”について一緒に見ていきましょう?

チョコレートの賞味期限ってどれくらい?

チョコレートの賞味期限は、短くて半年、長くて1年、そのあたりが一般的だそうです。

チョコレート製造工場に製造を依頼するわかるのですが、基本的には6か月は保証されています。 あとはどんなチョコレート菓子を作るのかによって耐久試験を行い決められます。 一般的な市販のチョコレート菓子については半年から1年というものが多いのではないでしょうか。

ちなみに市販のチョコにはもっと賞味期限が短いものもあります。 1か月と3か月とかですね!

基本的な賞味期限の考え方は「おいしく食べられる期限」の事なので、風味や香りが飛びやすい包装であったり、味が落ちてしまうのが早そうなケースでは、短い賞味期限になる…というイメージで問題ないかと思います。

あくまでも「おいしく食べれる期限」の事なので、腐るまでの期限ではないという事ですね!

そもそもチョコレートは腐るのか?

結論から言えば、チョコレートは非常に腐りにくい食品と言われています。

「腐る」という意味が、雑菌が繁殖して食べるとお腹を壊す…、またはカビが生える…という意味だとすれば、実に腐りにくいです。

もちろんチョコレートにも、市販のものから手作りチョコレートなど色々あるのですが、基本的な考え方はこうなります↓

チョコレートは、カカオやカカオバターなどの主原料に、砂糖やミルクを混ぜた食べ物です。 加えて水分が非常に少ない食べ物です。 そういった「水分が少なく砂糖が多い食べ物」というのは腐りにくいのです。

ご注意いただきたいのが、チョコレートケーキやチョコレートムース、生チョコなど。 水分が多いチョコレートは傷みやすいので「腐る可能性がある」と認識しておいてくださいね!

では、そんな腐りにくいチョコレートですが、賞味期限を過ぎてもはたして食べられるのでしょうか?

賞味期限が切れたチョコレートは食べられる?

適切な保存方法、賞味期限が多少過ぎた程度、であれば味の面もそこまで影響がなく十分においしく食べられます。

ただし!

腐らないとはいえ「開封後長期間経過した場合」や「未開封でも賞味期限を大きく超えた場合」、「常温や温かい場所に長期間置かれた場合」などは、チョコレート表面に白いカビのようなものが現れたり、味が大きく損なわれたりすることが多く見られます。

この白いカビのようなものは、チョコレートに含まれる脂肪分が浮き出て結晶化したものなので、食べられなくはありませんが決しておいしくはありません(笑)

やっぱりチョコレートはおいしく食べた方が楽しいですよね!

チョコレートをおいしく保存する方法は?

チョコレートのおいしさは、その甘さだけではありません。

香り、舌触り、溶け具合、などなど、口の中の触感や嗅覚、味覚などの複合的な要素によってもたらされるモノ!

ですので「チョコレートをおいしく保存する」という視点からみると冷凍保存はおススメいたしません。 基本的には冷蔵庫もしくは冷暗所での保存が理想です。

チョコレートの種類にもよりますが、25度を超えると溶け始めるリスクが出てきますので、夏場は必ず冷蔵庫に入れていただく方が良いでしょう。

まとめ

結論、チョコレートは非常に腐りにくい特徴のある食べ物ですが、保管状態が悪いとあっという間においしくなくなってしまいます。

冷暗所や冷蔵庫に保存しながら、開封後はなるべく早めに、毎日少量づつ楽しむのが理想的なチョコレートライフなのです。

私の引き出しのチョコレートも夏場はあっという間に白いひび割れだらけになったりしてますので、これからは冷蔵庫で保管する様にしようと思います♪

  • この記事を書いた人
カカオはかせ

カカオはかせ

-チョコレートのある生活
-, ,

Copyright© Cacao×Beauty , 2021 All Rights Reserved.