チョコレートのある生活

夏でもチョコ食べたい!最適な食べ方や持ち運び方法は?

暑かろうが寒かろうが関係ない!

チョコが食べたいよ~!

 

どうも、チョコレート大好き、Cacao×Beauty編集部のkekoです。

今回は夏にチョコレートを楽しむ為の持ち運び方法とオススメの食べ方をご紹介します。

チョコレートは暑いと溶ける!

一般的なチョコレートの保管に最適な温度は15度~18度と言われています。

28度以上になると、チョコレートに含まれるカカオバター(ココアバター)が溶けはじめるんですよね。

チョコを手のひらに載せておくだけでだんだん溶け始めるのはそういう理由です。

保管方法

家で保管する際の簡単な方法は、できる限り密閉して冷蔵庫または野菜室へ入れること。

密閉する理由としては、空気中の水分をなるべく寄せ付けず、匂い移りを防ぐためです。空気を抜いてジップロックやビニール袋などに入れておけばOKです。

適切な持ち運び方は?

28度以上の気温の中チョコレートを持ち歩く場合の簡単な方法は、

「保冷剤と一緒にして持ち歩く」

「凍らせた飲み物(ジュースが入ったペットボトルなど)と一緒に持ち歩く」

といった、冷たいものと合わせて運ぶと溶けるのを防ぐことができます。

また、保冷時間を長引かせたい場合、保冷バッグまたはクーラーボックスに保冷剤を入れた状態で持ち歩くと効果的ですよ。

夏ならではの食べ方

チョコレートが溶けちゃった!…というとき、どうせなら楽しく、美味しく頂いてみませんか?

・溶けたチョコレートを温めた生クリームと混ぜ、イチゴやバナナなど果物につけて食べる

気分はチョコレートフォンデュ。沸騰させない程度に温めた生クリームに溶けたチョコレートを入れ、混ぜてつくります。チョコレート単体より固まりづらく、ナッツやパン、マシュマロと合わせてもでもおいしいですよ!

・ホットケーキミックスと混ぜる

ココアパウダー代わりにホットケーキミックスに混ぜて焼くだけ。いつもより豪華なホットケーキになりますよ♪

  • この記事を書いた人
keko

keko

cacao×beauty編集長 3度の飯よりチョコレートが好き。チョコでカラダも心もキレイになる情報を発信していきます。

-チョコレートのある生活
-, ,

Copyright© Cacao×Beauty , 2021 All Rights Reserved.